仕事行きたくない新入社員のための心が落ち着く言葉

仕事行きたくない新入社員のための心が落ち着く言葉

新入社員の時って急に仕事が行きたくないと感じますよね?

仕事内容が嫌だったり、予想以上に残業が多かったりと仕事に対する熱意が急に冷めることがあります。

今回はそんな新入社員の為に、仕事に行きたくない時の対策方法を書いていきましょう。

新人はみんな通る道

まず言いますが、新入社員で仕事に行きたくないと感じるのは普通のことです。いえ、むしろ20代の新人なら誰しもが通る道だと思っても良いでしょう。

そもそもほとんどの新入社員は仕事のこと全く分からずに社会人になります。

たとえば、熱意を持ったり興味を持った仕事でも、予想以上に地味な仕事だったり、上下関係が厳しすぎたり、そもそもやりたい仕事ができるまで2年以上かかったりと自分が思ってもみなかった事態が沢山起きるでしょう。

たとえばアナウンサーの仕事は、いつの時代も人気が高いですがアナウンサーは芸能人ではなく、テレビ局の正社員なので地味な仕事だって沢山あります。

事務所の電話担当の仕事だってありますし、事務仕事だってアナウンサーは普通にやります。

時々「アナウンサーの裏側」という特集の番組がやっているので、観れば分かりますが滅茶苦茶事務の仕事をしている中で、一部分だけみんなが憧れるアナウンサーの仕事ができると言う訳です。

この様に人気のある職業などについても、予想以上にやっている事が地味でキツイせいで新入社員は仕事に行く気がなくなります。

もう1つ仕事に行きたくなる理由があり、それは仕事に対してやる気がないことです。

先ほどは、熱意がありすぎて仕事に行きたくないと感じますが、今度はその逆で元々の仕事のやる気がない人です。

たとえば、なんとなく大学に入ってなんとなく就職活動をして、偶然内定が貰えた仕事をする、これが意外と多い大学生の就職パターンです。

自分が何をしたいのか分からないから、何となく流れに身を任せて就職した結果仕事に対して何もやる気がなくなります。

そして、何となく仕事に行きたくなくてそのまま仕事を辞めるというのもあるあるなパターンです。

この何となく仕事に行きたくないというのもしょうがないことでしょう。先ほど言ったように新入社員は仕事のことを全く知りません。

バイト経験がある人は多いですが、バイトと正社員ではやる事と責任の重さが違うので、全くの別物と言って良いでしょう。

仕事のことを全く分からないから、そもそもやりたいことが分からない。そもそも仕事に対してやる気がないので仕事に行きたくない。

そう感じて仕事を辞めてしまうでしょう。

ですが、20代なら誰もがなる症状なので、これは仕方ないと言えることです。むしろ思春期と同じくらいなるものなので、気にしなくても良いでしょう。

人間関係は我慢しなくていいよ

ちなみに、多くの人は人間関係で仕事を辞めたくなります。

マイナビやリクルートなどの転職サイトのアンケートでは、毎年といっていいほど仕事を辞める理由ランキングで、人間関係が上がってきます。

ちなみに2位が残業、3位が給料が低いなどがよくきますね。

ネットのアンケートなので、どこまで信用が出来るか分かりませんがとりあえず日本全国の人の多くが人間関係のせいで退職するという事が多いのは確かでしょう。

多くの人が「人間関係で辞めるな」と言いますが、結局人間関係のせいで辞める人が多いのであなたも気にしなくても良いでしょう。

むしろ人間関係で辞めるのは普通の事なので、気にしないで良いでしょう。

ちなみに、私の前の職場に30代後半で結婚して子供持ちの人がいますが、リーダーの人と仕事のやり方で大ゲンカしてそのまま勢いで、仕事を辞めてしまいました。

勢いなので、戻ってくる可能性もありましたが結局その人は1か月後に正式に辞める手続きをしたらしく永遠に戻ってきていません。

この様に30代の人、しかも結婚して子持ちの人でさえ人間関係で辞めてしまう事が普通にあります。

なので、もし人間関係で辞めるのはダメなのか?と思っている人もそこまで気にする必要はないでしょう。

残業は慣れるか、慣れないの2択

残業が多すぎて慣れないという人も多いですが、残業の場合は「社会人だから仕方ない」と思って慣れてしまうか、「もっとプライベートの時間を増やしたい」と思って慣れないかの2択です。

結局、最初は残業は嫌だと思っても、人間は不思議なもので1年も残業をしていると長時間残業をするのが当たり前みたいな風に思ってしまいます。

よく、長時間残業をして疲れないのかな?と思いますが、そういう人たちも昔は残業が嫌な人が多かったです。

しかし1年もしていると自然と慣れて、残業をするのが当たり前になっているので何も感じないでしょう。

ですが、そうではなくプライベートを優先したいという人も出てきます。やっぱりどうしても残業には慣れないという人もいるので、そういった人たちが転職をしたり自分で仕事を作ったりする事が多いでしょう。

あなたはどうしたいですか?残業に慣れてしまいますか?それとも残業が嫌になって転職をしますか?

ちなみにどっちも最終的には楽になりますよ。

たとえば残業に慣れてしまえば、長く働く事に違和感を感じないですし、結局同じ会社で同じ仕事をするのが一番楽なので、ぶっちゃけそこまで苦痛ではありません。

残業が嫌になって辞めるのも最終的には楽になります。定時で帰れてプライベートと仕事を両方楽しむことが出来るので、良い人生になります。

給料が少ない場合

では給料が少ない場合はどうでしょうか?

この場合は2種類の選択肢があります。それは辞めるか、給料を上げるために自分磨きをするかの2択です。

まず、辞める場合ですがこれはどれだけ働いても給料アップが見込めない場合に辞めてしまいましょう。

たとえばあまり儲かっていない中小企業の場合は、10年働いても年収が2万円しか上がらないなんて普通にあります。

30歳になっても手取りが20万円とかだったら時給が高いバイトをした方が良い給料は貰えますよね?

この様にどれだけ働いても全く給料が上がらないならスパッと辞めて、年収が高い仕事に転職する方が良いでしょう。

時々「給料が安くても続けろ」とか「給料が低くても仕事は全力でやるものだ」と聞きますがあんなの綺麗ごとです。

たとえばコンビニのバイトで、接客態度が悪いとよく聞きますがあんなの接客態度が悪くなるのは当然です。

コンビニの給料は基本的に安く、昼間だと時給が最低賃金の所も多いですし私の近所のコンビニなんて深夜と昼間の時給が一緒のところがありますよ(笑)

そんな安い賃金で働いているのに、やる気なんて出るはずがありません。私だって安い給料で働いているならやる気なんて全く出ませんよ。

話がそれましたが、つまり給料が安くて将来的にも全く昇給がないならサッサと辞めた方が良いでしょう。

普通に給料が高い求人などは沢山あるので、今の場所にこだわるのも良くありません。

そして、給料が安い場合は自分磨きをした方がいいと答えましたが、これはたとえば資格の勉強をして給料が高い仕事をしてみるとか、ネット副業をしてお金を稼いでみるとかが良いですね。

資格の勉強をして見事資格を貰えれば、そのまま転職が出来ますしネット副業を空いている時間にすれば上手くいくと大儲けする事も可能になるでしょう。

なので、仕事に行きたくないと思う人は自分で工夫する事も大事になっていきます。

何となくで辞めたいのはあるある

新入社員が仕事行きたくない理由は、人間関係か給料または残業などが圧倒的に多いですが実は何となく辞めたいという人も沢山います。

たとえば、「人間関係は良いんだけど、なんか仕事を辞めたい」とか「待遇はいいけれどなんか仕事のやる気がない」と言う風に感じてしまいます。

この何となく辞めたいと言う事ですが、これも仕方がない事と言えるでしょう。先ほど言ったように新入社員は何となくで面接を受けた企業で内定を貰ったならなんとなく就職するという人が多いです。

それこそやりたいことが決まっている20代なんて中々いないでしょう。そんな何となくで始めた仕事だから面白くもなんともないのも仕方ないです。

それに、何となくで辞めたばあい確実にあなたの将来の経験になります。

たとえば何となくで辞めて失敗した場合は「前の会社は退職しなければよかった。だから次の会社は絶対に簡単に辞めない」と失敗の経験をもとに簡単に仕事を辞めてはいけないという事が分かります。

それに辞めて成功した人もいますが、そういう人は「前の会社を辞めて正解だった。それに仕事でやりたいことも見つかったし、結果的に良かった」という事だってありえます。

20代で簡単に辞めてしまうのもある意味経験です。なので何となく辞めたいを大事にして下さい。

よくも悪くも確実にあなたの将来の為になりますから。

ちなみに私は新卒で入った会社を1年で辞めましたが、結果的に良かったですよ。残業がない会社が沢山ある事を知りましたし、会社員以外で稼ぐ方法と言う道も見つけたので大正解です。

仕事が覚えられない?

新入社員で仕事を覚えられないのはしょうがない事といえます。

確かに仕事を覚えられないのがキツイと言うのは分かります。失敗が多いと先輩に申し訳ないし、上司に怒られるのだっていやでしょう。

ですが、6か月。つまり半年もすれば面白いくらい仕事が覚えられますよ。

信じられないかもしれませんが、出来なかった仕事もある日突然出来る様になっていきます。

極端な事を言えば今日、大失敗した仕事も明日になると「あれ?この仕事簡単じゃん。なんで今までできなかったんだろう?」と感じることだってありえます。

原理などは説明できませんが、体験すれば分かります。なので6か月は我慢して仕事を覚えてみましょう。

そうすると意外と簡単にできない仕事も出来る様になるので。

仕事が楽しくないときは?

仕事が全く楽しくないと感じることもあるでしょう。確かに単調作業ばかりの仕事って意外と多いです。

特に顧客が昔からのお得意さんばかりの会社って、意外と暇な事が多いんですよね。毎日同じ作業をして、毎日同じお客さんの相手をするのでそれはつまらないです。

仕事がつまらない、楽しくない場合は素直に辞めても良いですがその前に資格を取得したりネット副業をして多少なりとも自分磨きをした方が良いですよ。

理由としては仕事が楽しくないと感じるのはそうとうな余裕があります。本当に辛い人は「仕事辛い 死にたい」と言う風に感じる人が多いのでまだましな方でしょう。

なので、楽しくないと感じている精神的余裕がある間に、何か自分が楽しいこと出来ることなどを探しておくと良いでしょう。

とりあえず転職を考えているなら、転職サイトのリクナビNEXTに登録をするのがおすすめです。

リクナビNEXTに登録してどんな求人があるかみるだけでも、考え方が変わってきますよ。

↓↓↓↓

リクナビNEXTはこちらからどうぞ

吐き気があるならアウト

ちなみに、新入社員で仕事に行きたくなくて吐き気がある人と言うのは、完全にアウトなのですぐ辞めた方が良いですよ。

吐き気があると言う事は、うつ病など精神病になっている確率が高いです。

人は本当に仕事が嫌になると、体調不良として症状に出てきます。

吐き気もそうですが、頭痛がしたり、胸が苦しくなったり、足が動かなくなったりと何かしら体に異常が出てきます。

そんなに体調不良があるなら、すぐに辞めた方があなたの為になります。ちなみに休職という方法もありますが、休んでも回復しない事が多いです。

たとえば仕事内容自体に嫌気があるなら、休んで復活して会社にいったらまた体調が崩れます。

会社に嫌な上司がいて体調が崩れるなら、これも会社にいくとまた体調が悪くなるでしょう。

なので、休んでもそこまで良くありません。結局根本的な解決にならないので辞める方が賢い判断ですよ。

3年続けろなんて信じないで

よく仕事は3年続けろなんて言いますが、そんな事は信じないで下さい。

確かに3年続けた方が良い仕事もあります。しかしそれは美容師だったり、パティシエだったり職人系の仕事です。

つまり自分の腕が一番大事という仕事だったら、3年続けないと面白さが分からないでしょう。

しかし、普通の会社員の場合は別に3年続けても仕事の面白さなんて分からない事が多いですよ。

たとえば工場の仕事を3年続けても面白くなるはずがありません。工場は毎日同じ物ばかり作るので、むしろ3年たったら飽きて辞めることだってありえます。

それに、3年続けろなんて言っている上司も実は若いころすぐ仕事を辞めた人が大勢いますよ。

会社の人に話を聞いていると、多くの人は若い時に3年も続いていることがありません。

「1年で辞めた」

「上司が嫌いだから殴って辞めた」

「入って3日で辞めた」

とかみんな言ってますよ。ちなみにその人たちは40代、50代、60代と年齢がバラバラですがみんな最初のころは3年なんて全く続いていない人が多いです。

つまり20代のころはみんな1回は仕事を辞めていくものです。それこそ上司を殴って辞めたといういう人もいるので、やっぱりやんちゃするものです。

なのであなたも3年以内に辞めても良いんですよ。むしろお20代ならすぐ辞めてしまうのは案外普通だったりします。

転職したいときは?

では、この記事をみてどうしても転職したい人に、転職の方法を教えましょう。

いきなり結論を言いますが、転職エージェントを使ってみましょう。

恐らくあなたは「また転職エージェントか…」と思った事でしょう。それもそのはず「仕事 辞めたい」と検索するとほとんどのサイトでは転職エージェントをすすめてくるので、あなたももしかしたら見飽きているかもしれません。

しかし正直いって、転職エージェントを使った方が良いです。

というのも私は昔ハローワークを使って転職した経験がありますが、そこまで良いものではありませんでした。

求人をみても、「残業月90時間」とか普通に書いてある会社もありますし、「アットホームな職場です!」とほかに書く事ないのかよ!と突っ込みたくなるような求人もありました(笑)

それに、給料も全体的に低いものが多かったですね。手取りが16万円~18万円くらいでしかもそこまで昇給が見込めないような求人ばかりだったので、あまりいい記憶がありませんでした。

しかし転職エージェントなら、20代の人で年収300万円いく求人がゴロゴロありますし、残業がない求人だって沢山あります。

しかも、かなり助かるのが面接の練習と履歴書のチェックをしてくれることですね。

面接って久しぶりにやると、恐らくネットで検索して練習する人が多くいます。

私も「面接 服装」とか「面接 志望動機」とか散々調べた経験があります。

ですが、1人で練習してもぶっちゃけ効率が悪いです。しかもハローワークだと「なんで落ちたのか?」という詳細をあまり聞く事が出来ないので、何が悪かったのかの対策も出来ません。

しかし転職エージェントだったらプロの人が面接の指導をしてくれるので、悪いところはすぐわかります。

どうすれば面接官の印象が良くなるのかを、全て教えてくれるのでこれだけでもライバルに差をつけることが出来るでしょう。

それに履歴書のチェックですが、履歴書で困る部分が自己PRですよね?結局自己PRって何を書けば良いの?と思う事がありますが、それもネットで調べた例文を書き写すだけになるでしょう。

しかしこれもプロの人に見てもらえば、ネットで検索しなくても書類審査に通りやすい書き方を教えて貰えるので、ネットで調べるよりは簡単です。

ただ転職エージェントでは担当者の人が1人つきますが、その担当者が時々転職をごり押ししてきたり、こちらの希望とは全く関係ないような求人も出してくるので、うっとうしいと思う事もありますね。

ですが、転職エージェントは嫌だったら担当者を変える事も出来るので、そこは心配ないでしょう。

新入社員の人ならすぐ辞めてもある程度年齢で何とかなるので、転職エージェントで沢山の求人が紹介されるので使った方が良いでしょう。

とはいっても、転職エージェントの事を全く知らないと思うので、ここからはおススメの転職エージェントを紹介していきましょう!

DODA

DODAはおかげさまで、転職者満足度NO.1

最初はDODAというエージェントです。このエージェントは業界の中でもかなりの大手で求人数やサポートの手厚さに定評があります。

私も使った事がありますが、担当者の人も丁寧な対応をしてくれてかなり親密になってくれた経験があります。

とはいっても、やっぱり仕事のせいなのかちょっと転職を焦らせてくる所もありましたね。まあちょっとなのでそこまで酷いわけではないですが。

求人は

  • 営業
  • 企画
  • 製造
  • IT系

などが目立った印象です。もちろん目立つだけで実際には沢山の求人がありますよ。

ただ、DODAは幅広いため専門的な知識を持った人の転職にはあまり向かない場合があります。

たとえば介護職を今までずっとやってきたから介護の仕事しかできない。という人にはあまりおススメ出来ません。

ただ、「転職はしたけど具体的にどんな仕事をするのかよく分かっていない」という人にはかなり向いているでしょう。

先ほど言ったように幅広い求人のおかげで、違う職種に挑む事も普通に出来るので。

DODAは80%が非公開求人になっているので、結局行ってみないとどんな求人があるか分からないでしょう。しかもここで書いたら私が怒られそうだし(笑)

  • 転職エージェントを始めて使う
  • 担当者が親切な方がいい
  • サポートが手厚い方がいい
  • 求人数や多い方がいい
  • 転職をしたいけどやりたい仕事がよく分からない

という人にはお勧めが出来るでしょう。

詳しくは下の公式サイトからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

リクルートエージェント

次は業界の中でも最大大手と言って良いリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの求人数は10万件と日本の中でもトップクラスに多い転職エージェントです。

職種も基本的になんでもあるような感じで、沢山の求人が選びたいというのがポイントです。

口コミの中には担当者の対応がイマイチという人も多いです。多いですがやっぱり大手の転職エージェントとなると、担当者の人も変な人が多いのも事実でしょう。

大手ということは人材も沢山いるのでどうしてもやる気のない人たちは沢山います。

ちなみにリクルートエージェントは少しハイクラス。つまり年収が高い求人が多いので「給料がもっと多いところが良いな」という人にはおすすめが出来るでしょう。

  • とりあえず大手が良い
  • 求人数が沢山ある方がいい
  • 年収アップも狙いたい

等の人にはおすすめが出来ます。ちなみに担当者が嫌な人だったらすぐに変える事をおススメしますよ。

実際転職エージェントは私たちが助けてもらっている感じがありますが、実際には私たちがお客様ですからね。私たちが内定を貰うとエージェント側にお金が入るのが転職エージェントの仕組みです。

なので嫌だったらサッサと担当を変えてしまいましょう。

リクルートエージェントが気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

リクルートエージェント

ジェイエイシーリクルートメント

次に紹介するのは外資系、つまり海外の就職に強いジェイエイシーリクルートメントというエージェントです。

ジェイエイシーリクルートメントは営業、企画、人事、IT系など実は総合的な求人に強いという特徴もあります。

先ほどは海外の求人に強いと言いましたが、日本企業の求人も多く扱っているのが特徴的と言えるでしょう。

ですが、ジェイエイシーリクルートメントは20代後半からの経験がある人たち向けの求人という弱点もあります。

つまり20代前半の経験があまりない人たちには、そこまで求人がないという弱点もあるでしょう。

しかし、逆に言うと30代、40代の人たちも活躍できる求人がある珍しいエージェントです。ほかの転職エージェントでは普通20代前半~20代後半の人向けの求人が多いですが、30代からでも全然活躍できる嬉しいものでもあるでしょう。

  • 20代後半でもう求人はないかな?
  • 今までの自分の経験を活かしたい
  • 海外の求人に興味がある
  • 年収が高い求人が欲しい

という人にはジェイエイシーリクルートメントがおススメ出来ますよ。気になった人は下に公式サイトのリンクがあるので、ぜひ使ってみて下さい

↓↓↓↓↓↓

JACリクルートメント

ワークポート

次のエージェントのワークポートですが、ここの転職エージェントはとにかくIT系やゲーム関連の求人が多いです。

つまりネットを使ったビジネスをしている会社との繋がりが非常に強いのがワークポートの特徴ともいえます。

ほかのエージェントと比べて、総合的ではなくIT系の専門分野なので、IT系に興味がない人はあまり使えないのがワークポートです。

しかし前の仕事はIT系だったとか、ネットを使った仕事に興味があるという人ならワークポートを使った方が求人数は圧倒的に多いでしょう。

DODAやリクルートエージェントなどにもIT系の仕事はありますが、餅は餅屋ということわざがあるように、専門的な知識をもったエージェントならよりよいアトバイスが聞けることでしょう。

それにIT系は残業が多かったり、ブラックが多いと聞きますがそういった細かい所も担当者の人に聞けば評判などはすぐに分かるので、ある意味カンニングのような事が出来てしまいます。

  • IT系などネットを使った仕事がしたい
  • 前の仕事はIT系だった
  • 俺はもうIT系にしか興味がない
  • IT業界の裏知識を知りたい

という人はワークポートにいくのがおススメでしょう。ワークポートの公式サイトは下のリンクにあるので気になる人は行ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

あなたに寄り添う転職エージェント【WORKPORT】

DYM就職

次にDYM就職というエージェントを紹介します。

このエージェントはちょっと変わっていて、対象者がフリーターやニートの人向けのエージェントなんです。

「俺はまだフリーターでもニートでもないよ」という人がいますが、このエージェントの良い所は学歴が関係なくなるということ。

本来なら学歴というのは重要になり、学歴だけで書類審査に落ちるくらい割と内定に左右していきます。

ですが、DYM就職は書類審査がなく一発で面接に行く事が出来るので、書類審査で落ちる事はないでしょう。

もちろん他の転職エージェントと同じように、面接の指導や履歴書のチェックもあるのでサポートは沢山あります。

  • 学歴に自信がない人
  • エリートばかり集まるところは無理
  • 書類審査なんて通る気がしない

という人にはおすすめが出来るでしょう。

ちなみにDYM就職はDODAやリクルートエージェントで就職が決まらない時に滑り止めとして使用する事も出来ます。

つまりDODAで何社も落ちて、働いていない期間が長くなったらDYM就職を使う。そんな風に使えるでしょう。

まあ、20代だったら転職エージェントを使えばそこまで酷い結果にならないと思いますが、念のため覚えておきましょう。

DYM就職が気になる人は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓

あなたに合った企業への就職を徹底サポート【MeetsAgent】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする