会社を辞めたい

仕事が辛くて毎日泣く人が今すぐやりたい心が楽になる方法

 

仕事が辛すぎて毎日家で泣いてる人はいませんか?

 

仕事で嫌な事が続きとどうしても辛いですよね?

 

仕事で上司に怒られると泣きたくなるほど辛いですよね?

 

毎日残業してると「なんでこんな事してるんだろ?」と泣きたくなるほど疑問に思いますよね?

 

今回は泣きたくなるほど辛い人の為に、今すぐやって欲しい対策法を書いていきましょう。

 

泣く原因とは?

 

最初に泣くほど辛い原因とはなにか?を書いていきます。

 

人間関係が辛い

 

多くの人が人間関係が辛くて泣く事が多いです。

 

人の悩みの9割は人間関係だ。と有名な心理学者も言うように、大半の人は人間関係で悩んでいます。

 

  • 上司があまりにも厳しい言葉を浴びせる。
  • 上司と上手く仕事の会話が出来ない
  • パワハラまがいの事ばかりされる

 

などなど、20代の人なら主に上司が原因で、仕事が嫌になっていくでしょう。

 

残業が辛い

 

あまりにも残業が多すぎると辛くなる事があります。

 

日本人は比較的残業に慣れていて、1時間~2時間の残業なら耐えられる人が多いです。

 

しかし3時間、4時間、5時間となると流石に体力的にも精神的に辛くなる人がいて、それで泣いてしまうことがあるでしょう。

 

ちなみに、根本的に残業が嫌いで1時間の残業でも辛くなるという人も沢山いますよ。

 

仕事が出来なくて辛い

 

初めてやる仕事であまりにもミスが多すぎると、泣きたくなるくらい辛くなる事があるでしょう。

 

周りの人が「できなくても大丈夫だよ」と励ましてくれても、役に立たない自分が情けなく感じて、泣きたくなるほど辛くなることがあります。

 

給料が安くて辛い

 

時々ですが、あまりにも給料が低くて辛くなる人もいます。

 

しかもその多くが、残業代が出ないのが辛いという事です。

 

たとえば、1日2時間も残業してるのに1円も貰えないとなると泣きたくもなるでしょう。

 

誰にも相談できなくて辛い

 

恐らく、こうやってネットで検索してると言う事は、相談できる相手がいなくて辛いという人がいるでしょう。

 

家族も友人も相談できない。そもそもこんな事で悩んで良いのか?という疑問があり、「社会人なんだからもっと頑張らないと」ということまで思ってしまいます。

 

 

泣くほど辛い時の対策法は?

 

では、泣くほど辛い時の対処法を書いていきましょう。

 

人間関係の場合

 

まず最初に人間関係の場合ですが、こんな対策方法があります。

 

部署移動をする

 

まず、一番簡単なのは部署移動をする事でしょう。

 

ちょっと残念な話ですが、一度人間関係が嫌だなと思ったら中々直る事はありません。

 

それこそ、嫌な上司はずっと嫌なままなので好きになることもないでしょう。

 

それに、上司だってもう性格を変えることはほぼ出来ません。人間の性格は30代以降になると中々変えることが出来ないので、上司が変わる事を期待してもダメでしょう。

 

だったら、無理やりにでも逃げてしまった方が良いです。そして部署移動だったら実は一番安全です。

 

本当は転職をすすめたいですが、そんな簡単に転職が出来たら苦労はしません。ですが部署移動だったら、今の会社を辞めるわけではないので実はリスクが低い事なんです。

 

上司に言うのは非常に怖いかもしれませんが、どうしても辛いなら移動するのも1つの手ですよ。

 

仕事を辞める

 

先ほども言いましたが、転職がそんなに簡単に出来たら苦労はしません。

 

しかし限界だと思うなら、辞めてしまうのも1つの方法になりますよ。

 

結局今の人間関係が嫌なら、無理やりにでも変えるしかありません。それこそ物理的にあなたが距離をとるしかないので、我慢して出来るだけ近づかないようにするか、部署移動、そして転職になります。

 

確かに仕事を辞めて、転職する事は怖いかもしれません。怖いかもしれませんがそれでも辞めないと、ドンドン限界が近づいて来ますよ。

 

関連記事:人間関係で退職したい時に必ず注意したいこと

関連記事:職場の人間関係で退職するのはありか?

 

心の中で毒を吐く

 

もし、会社を辞めたくないとか部署移動をしたくない。そう考えている人は心の中で上司に対して悪口を言うのはどうですか?

 

悪口と聞くと嫌な感じですが、不満に思っている事を無理やりため込んでも体に悪いです。

 

そもそも人と言うのはどんなにいい人だろうと、お坊さんみたいに悟りを開いた人だろうと嫌いな人は絶対にいます。

 

人間と言うのはどうしても合う合わないというのは、存在するのでそこは仕方ない事と言えるでしょう。

 

しかし、そこで嫌な事を無理やり抑え込んで閉じてしまうのは、非常にストレスが溜まります。そしてそのストレスが爆発して、泣くほど辛いのでそうとう危険な状態ですよ。

 

だから上司が「お前は仕事が出来ないダメなやつ」など罵倒されたら「お前なんか仕事やってないじゃねえか!!」と心の中で悪口を言ってしまいましょう。

 

そうすると、ストレスは溜まりますが少なくとも泣くほど辛くなる。そんな状態ではなくなります。

 

泣く⇒イライラするに変わるので落ち込む事はなくなるでしょう。

 

絶対にあいつを超えてやると強く思う

 

これが出来ると無敵ですが、上司より仕事が出来ようになってやると思えるようになると精神的には強くなりますね。

 

結局人間は野心とかそういった、目標があるとどんな人でも強くなれます。

 

超えてやると思うようになると、上司の悪口が一切心の響かなくなり逆に「こいつはいつか超えて俺が上の立場になる」という風に思えるので、辛くなるという事はなくなりますよ。

 

心理カウンセリングを受ける

 

泣くほど辛いと言うなら、それは精神的に限界がきています。

 

 

それこそうつ病の1歩手前まできているので、プロに直接カウンセリングを受けた方が良いでしょう。

 

カウンセリングはいきたくないとか、怪しいとかそう思う人もいます。確かに気持ちは分かります。ネットの評判をみると心療内科などの心を診察する病院は、基本的に評判が悪いので行きたくはないでしょう。

 

ですが、方法がないなら1回騙されたと思って、心療内科に行ってみるのが良いですよ。

 

いい先生に巡り合えれば、それだけで治ってしまう人も本当にいるので。

 

関連記事:メンタルが弱い人は禁止!やるとうつ病の可能性が上がる職種

残業の場合は?

 

では次に残業が多すぎて、辛いときの対策法を書いていきます。

 

部署移動をする

 

これも人間関係の時と同じですが、結局何か移動しないと今の状況は変わりません。

 

残業をなくす方法として時々、「作業効率を上げる」と言う方法もありますが、あれは多くの場合、速くやると上司が違う仕事をドンドン持ってくるので永遠と仕事は終わりません。

 

終わったと思っても無駄な仕事が沢山くるので、結局あなたが速くなっても意味がないでしょう。

 

だったら部署異動をするのがある意味一番楽です。

 

私の前の会社がそうですが、部署によって毎日残業が8時まである所と、毎日定時で帰れる部署で極端に分かれていました。

 

同じ会社なのにここまで差があるのか?という疑問も思いましたが、部署によって仕事が違う事は良くある話です。

 

なので、残業がどうしても辛いなら、定時で帰れる部署に異動してみましょう。

 

無理やり定時で帰ってみる

 

ちょっと強引な方法ですが、時々無理やり嘘をついて定時で帰ってしまうと言う方法もあります。

 

たとえば歯医者に行くとか、そう言った理由で無理やり抜ける方法があります。

 

 

私の場合、「歯医者」「家の都合」「用事がある」などありもしない嘘をついて定時で帰ったことがありますよ。

 

まあ、流石にやりすぎてバレて怒られましたが(笑)

 

ですが、2か月に1回やるくらいなら、そこまでバレませんよ。

 

仕事を辞める

 

これも人間関係の時に言いましたが、残業時間が長いのはもう異動するか辞めるかくらいしか方法がありません。

 

会社と言うのは長年残業前提で、仕事をやっているためそう簡単に仕事がなくなる事はありえないでしょう。

 

しかも残業代で稼いでる人も中にはいるので、残業をなくすことは普通は出来ないでしょう。

 

だから、残業がない部署に行くか、辞めるか?くらいの方法が一番良いでしょう。

 

ちなみに辞める時は転職エージェントと言うのに相談した方が、残業がない会社に行く事ができますよ。

 

転職エージェントについて下の記事に書いてあるのでぜひ見て下さい。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

仕事が出来ない時の対処法

 

次は20代の人ならではですが、仕事があまりにも出来なくて辛い時の対処法を書いていきます。

 

メモをとる

 

仕事が出来ない人はメモをとると言う事をあまりしません。

 

それこそ、最初の方だけはメモをしたけど仕事が少しわかってくるとあまりメモをしないひともいるくらいです。

 

しかしメモと言うのは非常に大事な事です。人間の脳は実は忘れっぽくたった20分で40%以上の事を忘れると言われています。

 

なので、20分だけで半分の事はもう忘れているという事です。

 

しかもこれはどんな人でも共通です。たとえ東大出身の人でも高卒の人でも、同じように記憶は消えていきます。

 

だからこそ、仕事の事をメモをすると言う事は非常に大切な事なんです。そもそも人間は忘れる生き物なので、どんな些細なことでもメモをして忘れない様にしないといけません。

 

なので、あなたも明日から行動してみましょう。別にメモ帳とかボールペンとかを揃えなくても、スマホでも良いですしいらない紙を使ってでも良いので、メモをする習慣を身に付けましょう。

 

関連記事:仕事ができなくて辛い時に知っておきたい転職の知識

 

些細なことでも人に聞く

 

仕事が出来ない人は怒られるのを怖がって、分からない事を聞きません。ですが聞かないせいでミスが増えてしまうのがよくあります。

 

気持ちは分かりますよ、たとえば「こんな事で聞いて良いの」とか「同じことを聞いて怒らないかな?」とかそう言った気持ちは分かります。

 

ですが、仕事でミスをして怒られるのと質問をして怒らるのでは、全然違います。

 

仕事のミスは信頼度が下がりますが、同じ質問をして怒らるのは信頼度はそこまで下がりません。

 

なので、聞いて下さい。ミスがあるくらいなら聞いて見た方がまだいいですよ。

 

関連記事:仕事ができなくて辛いと思った時の心が安らぐ8つの対処法

焦らないでじっくり覚える

 

仕事が出来ない人は、仕事を一気に覚えようとしてます。確かに早く覚えるためには色んなことを同時に覚える必要がありますが、それだと逆に覚えが悪くなります。

 

ではどうすれば良いのか?覚えたいことをまず集中的に覚えてみましょう。

 

たとえば、Excelの操作が分からないという場合は、本を買ったりネットをみたりするなどしてExcelだけを覚えてみる。それ以外の事はやらないくらいの気持ちで集中的にやってみましょう。

 

1つを確実に、1つを集中的に、そうやって覚えるとペースはゆっくりですが確実に仕事を覚えることが出来るでしょう。

 

給料が安い時の対処法

 

では次にサービス残業などで、給料が安すぎる場合の対処法です。

 

副業をしてみる

 

もし、時間的に余裕があるなら副業をしてみるのが良いでしょう。

 

とはいっても、休日にバイトをするとかではありません。私が勧めているのはネット副業の事です。

 

ネット副業だと、パソコン1台あればできるものも沢山ありますし、パソコンがないならスマホ1台あればできるものも沢山あります。

 

しかもネット副業は人間関係のストレスがないので、1人で気軽に出来るので非常におすすめですよ。

 

たとえば、仕事終わりに1時間だけと言う事も出来ますし、休日に10時間がっつりとと言う事も出来ます。

 

もしネット副業に興味があるなら、クラウドワークスというサイトに登録して仕事を探してみましょう。

 

アンケートから、アプリのレビューなどやりやすいものから、作曲、イラスト作成、プログラミングなど専門的な知識がいるものもあるので、興味がある人はぜひチャレンジして下さい。

 

転職をしてみる

 

また転職か…という意見もありますが給料も同じでしょう。

 

結局給料を高くするには今の会社で課長、部長などえらい立場になるか元々の給料が高い仕事をするしかありません。

 

しかもサービス残業がある会社なんて、立場が上になっても給料が大して上がらない事が多いので、すぐに辞めた方が良いですよ。

 

「給料が少なくても仕事は仕事」という人がいますが、それは綺麗ごとです。結局最終的にお金があった方が絶対に良いです。

 

だって40代になっても手取りが16万円しかないって嫌じゃないですか?同じ会社でずっと働いているのに16万円しかないという風になったら、違う仕事をした方が全然儲かりますよ。

 

誰にも相談できない時の対処法

 

では次に誰にも相談できなくて辛すぎる時の対処法を書いていきましょう。

 

心療内科にいってみる

 

先ほども言いましたが、心療内科に行ってみるのが一番良いでしょう。

 

心療内科など、精神科の先生は信用が出来ないと思うかもしれませんが、先生もプロの人なので頼りがいはありますよ。

 

まあ、確かにネットの評判通り悪い人に当たると、ショックはでかいですがそれでも誰にも相談しないよりはましでしょう。

 

泣くと言う事は限界まで、ストレスが溜まっている状態です。その状態でこのままにしてもあなたが辛くなるだけです。

 

なので、怖いかもしれませんが一度相談に行った方が良いですよ。

 

おススメ記事:製造業にうつ病の人が多いと聞く驚きの理由は?

ネットで相談をしてみる

 

これは、あまりいい方法ではないですがネットの無料相談できる掲示板やヤフー知恵袋などの質問サイトに相談すると言う方法もあります。

 

ネットだと料金もかからないので、気軽に使えるのが良い点でしょう。

 

ただ、ネットではこちらの気持ちが分からずただ上から目線で説教してくる人もいるので、逆に精神的に疲れる事が多いです。

 

やはり顔が分からないので、言いたい放題になる事は覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

ただ、たまにですが本当にあなたの事を心配して優しいアトバイスをくれる人もいるので、そう言った人に当たると運が良いですよ。

 

勇気を出して友人に話してみる

 

誰に相談できないから友人にも相談できるはずないじゃないか!と怒るかもしれませんが、結局誰かに相談して貰わないといけません。

 

恐らくこのまま1人で悩んでいても解決が出来ません。だからこそネットで色々検索していますが、ネットで悩みが解決する事はなかなかできないでしょう。

 

私も仕事の悩みをひたすら検索したことがあります「仕事 辞めたい」「仕事 行きたくない」「働かないでお金を貰う方法」などなど色々調べてきました。

 

ですがあまり効果がなく、でも相談できない、だからネットで調べるという繰り返しでした。

 

ですが、思い切って友人に相談したら、思っていた以上に親身になって相談に乗ってくれましたね。

 

私の話を聞いてくれて、うなずいてくれてと話しただけですが、だいぶ楽になりましたよ。

 

結局生身の人間に相談すると言うのが一番良いので、勇気を出して友人に相談してみるのも良いですよ。

 

泣くほど辛いなら辞めた方が良い

 

これは何度も言ってますが、泣くほど辛いなら仕事を辞めた方が良いです。

 

「簡単に仕事を辞めるなんて甘え」なんて言いますがそれはしょせんネットの意見です。

 

しかもネットって顔がみえないせいで、やたらと態度が大きくなる人が多いです。そのせいで仕事を辞めたいという人にとりあえず「甘えだろ」みたいなことを言う事が多いんです。

 

実際人によって、本当に限界ギリギリまで追いつめられる人もいますし、会社に行くと吐き気があるのに無理して頑張る人もいます。

 

体に異常が出てるのに何も対策をしないというのはちょっとおかしいです。

 

普通足を骨折したら確実に会社を休みますが、泣くとか吐き気があるとかそう言った状態ではなぜかみんな会社を休みませんし、辞めません。

 

ですが、泣いているならもう十分限界です。ストレスが溜まって限界がきてるから泣くのです。

 

なので、甘えとかそう言う事を言わずに、自分に正直になってみましょう。あなたはこのまま仕事を続けたいですか?

 

 

まとめ

 

泣くほど辛いと言うなら、一度立ち止まる事が大事です。

 

どちらにしても、これ以上頑張っても限界がくるのでいずれかは辞めてしまうでしょう。

 

なので、まずは勇気を出して部署移動をしてみる。

 

そして転職の準備をするところから始めてみましょう。

 

転職は、転職エージェントを使えば楽に転職活動が出来るので興味のある人はおすすめの転職エージェントをまとめてあるのでぜひ見て下さい。

↓↓↓

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ