上司が怖いと思った時の13個の対策

上司が怖いと思った時の13個の対策

上司が怖すぎて、仕事に行くのが嫌になる。

そんな悩みを抱えてみませんか?

仕事をしていると怖い上司、嫌な上司、話したくない上司というのは必ず存在します。

そこで今回は、私の体験談と色んな人にアンケートを取ってきた事を参考にして上司が怖い時の対策法を書いていきましょう。

上司が怖いと思う瞬間

怒鳴ること

上司が怖いと思ってしまう瞬間は怒鳴ってくることです。

大半の人は怒鳴られる事に慣れていなくて、しかもそれが上司となったら更に怖さが倍増していきます。

特にあまりにも大きな声で怒鳴ってくると更に怖さが増してくるでしょう。

外見が怖い

上司の中には外見が怖すぎて近づきたくない。そんな人もいます。

たとえば身長が大きくガタイも良い。そして耳にはピアスをして金髪みたいなぱっと見ヤバそうな雰囲気な人には近づきたくもないでしょう。

「人を見かけて判断するのはあまり良くない」。そんな風に思う人もいますが、結局中身が分からない時は見た目で判断するしかないのでしょうがないでしょう。

嫌味を言われるのが怖い

上司の中には仕事のやり方が気に食わなくて、嫌味を言ってくる人がいます。

  • 仕事が遅い
  • こんな事も出来ないの?
  • 役に立たないね

と言う風に嫌味をチクチク言われると非常に怖くなってしまうでしょう。

説教が長い

上司の中には失敗をすると説教をしてくる人もいます。

説教自体は良いと思いますが、その説教があまりにも長いと上司が怖くなってくるでしょう。

そもそも説教をされて気分が良くなる人はいません。大半の人は気分が悪くなります。

それも時間が長ければ長いほど、気分がドンドン落ち込んでくるのでそのせいで説教に恐怖を覚える人もいます。

関連記事:仕事で怒られたらなぜ萎縮するのか?

怖い時の対策は?

挨拶をしっかりする

挨拶というのは誰でもできる簡単な事ですが、元気よく挨拶する事で上司の態度が良くなることがあります。

そもそも挨拶というのは、お互いの警戒心をなくす効果があるんです。

たとえば初対面で話したことも無い人が、元気よく「おはようございます!!」とあいさつをしてきたら「この人は良い人そうだな」と思って人は警戒心を解く事が多いです。

もちろん初対面の人だけじゃなく、知っている人にも元気よく挨拶をするだけで仲良くなる事もあります。

なので、怖いと思っている上司に元気よく挨拶をする。たったこれだけですが意外と効果がありますよ。

仲間を作る

人間は結局1人では生きていけません。

1人で悩みを抱えていると、ストレスが全て自分にきてそれが辛くなる事もあるでしょう。

しかしそこで仲間がいることで、あなたのストレスはかなり少なくなっていきます。

たとえば職場内にもあなたと同じ上司が怖いとか嫌いと思っている人がいるはずです。

その人たちを仲間にして、愚痴を言い合えるような仲になれるとストレスもなくなりますし「怖いのは自分だけじゃない」と思う事が出来るため、精神的に凄く楽になりますよ。

ちなみに「人の悪口を言うのはダメなことでは?」と思う人もいますが、そんな事はありません。

人間だれしも仕事で不満はあるものです。その不満を出してストレスを発散して仕事が長続きするものですよ。

関連記事:職場の人間関係はすぐ退職しよう!無理をすると人生が終わる

先輩に対処法を聞く

アンケートで意外と多かったのが、先輩に怖い上司の対処法を聞いて見ること。これが多かったです。

職場の先輩と言うのは、あなたより長く怖い上司と付き合っているはずです。

だからこそ、その上司とどう接すれば良いのか?どうやって対処すれば良いのか?などを誰よりも知っているはず。

だから、話しやすい人にあなたの悩んでる上司の対処法を教えて貰いましょう。

そうすれば、いい方法を教えてくれるはずです。

あえて近づいてみる

あえてあなたの方から近づいてみると言う方法もあります。

怖い上司も近づいて良く知ってみると、実は良い人だったという事もあります。

たとえば、上司という上の立場のプレッシャーのせいで口調が強くなったり、実は上司の更に上の上司から怒られてストレスが溜まっているだけかもしれません。

確かに上司が怖いとそもそも近づきたくはないですが、何か上司が怖い理由もあるはずなので、事情を知ってみると良いでしょう。

事情を知っても根っこからの嫌な人。そんな事もありますが試してみる価値はあります。

上司の家庭事情を知ってみる

嫌な上司や怖い上司と言うのは、ただストレスが溜まっているだけの可能性があります。

たとえば家庭環境が上手くいっていない上司は、仕事でストレスを発散するという傾向があります。

妻とは毎日喧嘩、子供は反抗期で口も聞いてくれない。妻も子供も父親を嫌っているので休日になると家に居場所がない。

そんな状態だったら、その人は仕事でストレスを発散してしまうでしょう。

もちろんそれは八つ当たりです。本来家庭の事情を仕事に持ってこないのが社会人の暗黙のルールですが、そう言ったストレスが溜まりやすい状態になっている事も可能性としてはあります。

ちなみに上司の事を知るには、情報通の人に聞いて見ると良いでしょう。

職場内には必ず1人は、社員や派遣など会社内の全ての人の事情を知っている人が1人はいます。

そう言った人と仲良くなって、怖い上司の家庭事情などを聞いて見ると良いでしょう。

ちなみに私は、そういった情報通の人と仲良くなったら「○○さんが結婚した」とか「○○さんは奥さんと別居中みたい」と会社内の家庭事情が全て入ってきましたね。

しかも1回も喋ったことが無い人の情報も沢山くるので、「この人どれだけ内部の情報知ってるの!」とかなり驚きましたが(笑)

仕事のことは他の上司に聞く

色々書きましたが、結局のところ関わらないのが一番良いです。

これは私の体験でもありますし、アンケートをしてもかなりの人が「関わらない」「喋らない」のが一番と皆言っています。

だから仕事のことも他の上司に聞くとか、どうしてもその上司と喋る時は要件をまとめて出来るだけ喋る時間を短くするのが良いでしょう。

とにかく関わらない努力をする。嫌な人とは付き合わない。それが一番良い方法ですね。

トイレに逃げ込む

これはいざという時の逃げ道を作るという事です。

たとえば嫌な事があっても、仕事中は泣けませんし落ち込むことも出来ません。

特に20代の人は色々な事を我慢する年代なので、ストレスも溜まってしまいます。

ですが、ストレスを溜めすぎると胃が荒れたり、吐き気がしたり、最悪の場合うつ病になる事も考えられます。

そこで嫌な事があったらまずはトイレに行く。トイレだったら泣いても良いですし多少壁を殴ったって誰も怒りはしません。

別にトイレじゃなくても良いですが、本当に辛い時に逃げ込めるような場所があると精神的に楽になりますよ。

関連記事:【男性向け】怒られるのが怖いと思う人の原因と対処法

友人と遊ぶ

ストレスの発散というのは非常に大事です。

それこそ溜め込んでしまうと、先ほど言ったようにうつ病になる事もあり得るでしょう。

そうならない為にも、まずは友人と遊ぶ。多少辛くても誰か遊べる人がいるとストレス解消になります。

辛い時は1人でいるのももちろん良いです。私も精神的に辛い時は1人で暗い曲を聴くのが好きです。

しかし何だかんだいって友達と遊んで喋って、笑いあうのが一番ストレス発散になります。

カラオケに行く

カラオケというのは、大声を出せるところなのでストレス発散になりやすいです。

私のおすすめの使い方は、歌は歌わずとにかく大声で上司の不満をぶちまける事です。

とにかく無茶苦茶にとにかく自分の心に素直になって、大声を出すとかなりスッキリしますよ。

まあ、大声を出した後は喉が痛くなりますが、それでも効果はかなりあります。

運動をする

社会人になると運動をしない人が多いですが、運動は無料で出来て健康的にストレス発散が出来る方法ですよ。

たとえば、散歩するだけでも気分がスッキリしますし、無心で疲れるまでランニングをするだけで心はかなり楽になりますよ。

外で運動は嫌だ。そんな人はストレッチやヨガでも問題はないです。

ストレッチやヨガだったらYouTubeをみてなんとなく真似してみるだけで良いです。

ストレッチを10分間真剣にやるだけで意外と疲れますし、部屋の中だと汗をかきますよ。

とにかく反抗をしない

今の時代「言いたい事を言え」とか「ダメな事ははっきりダメと言え」と言う風にテレビやネットでもいいますが、逆に私は反抗しない事をおすすめします。

確かに言いたいことを言うのは大切です。ですが普段あまり自分を出さない人や受け身になってる人が反抗をすると物凄く疲れてしまいます。

そもそも、受け身の人というのは言いたいことが言えないんじゃなくて「言いたいことを言って喧嘩をするのが嫌」なんです。

私がそうですが、変な事をいって喧嘩をするのも嫌ですし、下手な事を言って仕事がやりにくくなるのも嫌。

そんな風に思っています。だから無理に言いたい事を言わなくても問題は無いです。なぜなら慣れてないせいで、言いたいことを言うと疲れてしまうから。

関連記事:職場の人間関係を割り切る方法と上司の本当の心の中

仲が良い子経由で話をする

ちょっとした裏技ですが、怖い上司と仲が良い人を使って話すと言う手もあります。

怖い上司にも何人か仲のいい人は必ず存在します。

それこそ部下の人でも可愛がられている人もいるでしょう。

だから本当に大事なこと。つまり小さい雑用や仕事のちょっとした用などは仲の良い人に聞いてもらうなどをして貰った方が良いですよ。

仲の良い人だったら上司も威圧的になりませんし、こちらも精神的な疲労はありません。

退職をする

どうしても辛い時は退職をするという方法もあります。

人間関係というのは、どう対策してもダメな場合がありますし、上司があなたの事が大嫌いだったり、性格が根っからの嫌な人だったら何をしてもストレスが溜まるでしょう。

そんな時は退職をして、一度人間関係をリセットしてみるのが良いでしょう。

確かに我慢することも時には大切です。

しかし逃げてみると言うのも1つの手段ですよ。

もし転職に興味があるなら、転職エージェントと言うのを使えば無料で求人の紹介をしてくれますし、ハローワークより良質なアトバイスを貰う事も出来ますよ。

↓↓

【保存版】20代が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント

関連記事:製造業をやりたい人が絶対に使いたいおすすめの転職エージェント!

関連記事:転職エージェントが怖いのはもったいない!恐怖を感じる時の5つの対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする