会社が辛いと思う時の原因と対策と20代で知ってほしい転職の考え

会社が辛いと思う時の原因と対策と20代で知ってほしい転職の考え

会社が辛い、だけど辞められないしでも辞めたらお金がない。など仕事と会社が辛くて悩んでいませんか?

今回はそんな会社が辛いと感じているあなたに、会社が辛いときの原因と対策。そして仕事の考え方について書いていきます。

残業が辛い

最近多いのが残業が辛いと感じる人です。

月に100時間以上残業をやるのは当たり前ですが辛い事です。しかし月に100時間以上やったら親や友人から「そんな会社辞めろよ」と止められる事でしょう。

しかし一番困るのが残業が月に30時間、40時間とそこまで多くない残業の時でしょう。

30時間、40時間なら別に過労死するわけではない。だけど自分は辛い。だけど今の状況で残業が辛いと言っても「甘えるな」と言われそうで何もいえない。

なので、実は中途半端に残業する人が一番困る事が多いです。

対策は?

月に100時間の場合はすぐにやめた方が良いのは確実ですが、30時間とか40時間の場合もやめる方が良いでしょう。

何故かと言うと残業時間は人によって耐性が違いすぎます。

たとえば月に100時間耐える人もいますし、「残業は200時間を超えてからが本番」と訳が分からないことをいう人もいます。

しかし実際は残業は30時間耐えれない人もいますし、下手をすると1時間の残業も無理と答える人もいます。

この様に残業耐性は人によってあまりにも違うので、その場合は仕事をサッサと辞めた方が良いでしょう。

そもそも残業がない仕事なんて世の中に沢山ありますよ。よく「日本では残業があるのが当たり前」と言う人がいますが、そんな事はありません。それは長年残業が当たり前になったせいで常識が変わっただけです。

世の中の求人をみると残業がない所はもちろん。有給休暇をしっかりともらえる所も数多くあります。

なので、残業が辛い場合はさっさとやめて残業がない所に転職すると良いでしょう。

ちなみに転職する時は違う業種か職種を選んだ方が良いです。たとえば製造業の仕事は残業が多い所がよくあります。工場では大量に作って安く売るのが基本なので、残業は当然ですが多くなります。

また製造業でも事務職だったら定時で帰れる人も多いです。この様に職種も業種も前とは違う所に思い切って挑戦してみるとあなたの働きたかった残業なしも出来る様になります。

確かに新しい仕事は怖いのは分かります。しかし定時で帰れるようになる為には少し挑戦する事も必要になるでしょう。

人間関係が辛い

毎年必ず仕事を辞める原因で1位になるのが人間関係のトラブルで辞めたいと言う事です。

新人の時も上司に悩まされる事が多いですが、20代後半になると今度は部下との関係と上司の関係2つの問題でドンドン人間関係が辛くなる事はあるでしょう。

上司の場合は理不尽な事で怒鳴ってきたり、単純に性格が合わない上司といるだけでストレスになります。

部下の場合は思い通りに動いてくれなかったり、仕事のやる気がなかったりなどイライラする事が多くなり辞めたくなります。

対策は?

対策としてはまず簡単な方法が、部署移動をする。よくあるのが「苦手な人とは近づいて仲良くなった方がいい」とか「徹底的に無視をした方が良いなど」対策としては色々ありますが、結局嫌な人と一緒に仕事をするとストレスは溜まっていくでしょう。

それは根本的な対処法などにならないので、部署移動をお願いしてもらい人間関係をリセットした方が仕事がやりやすくなるでしょう。

最終手段で転職をした方が良いでしょう。部署移動といってもそもそも会社の都合で異動させて貰えなかったり、そもそも会社が小さすぎて移動する部署もないなど色んな事があり、出来ない事もあります。

だったらいっその事転職した方が、あなたの為にもなるでしょう。

人間関係で辞めない方が良いとも聞きますが、結局耐えられない程嫌いだったらサッサと辞める方が確実に良いでしょう。

人間関係のストレスを溜めて、あなたの体調が崩れたらそれこそその会社で働く意味も無いからです。

給料が少なくて辛い

給料があまりにも少ないと辞めたくなる事もあります。

もともと給料が少ないのもそうですが、残業をしても給料が出なくて辞めたい場合や、10年働いても上がる給料が2万円しか上がらなかったら誰でも辞めたくはなるでしょう。

対策は?

給料が少ない場合辞めて良い場合と、辞めない方がいい場合の2つがあります。

まず辞めて良い場合は将来的にみて生活に困る場合。たとえば先ほど言ったように残業をどれだけやっても給料が出なかったり、10年間働いて2万円程度しか給料が上がらないと言う場合ならすぐ辞めた方が良いです。

20代の時は給料が少なくても何も問題がないですが、30代になって結婚したり1人暮らしをするようになったら今の給料では確実に足りないからです。

辞めない方が良い場合は、仕事がなさすぎて給料が少ないという場合です。

時々ありますが、日本の会社でも暇すぎると言う会社も実は多くあります。

たとえば顧客が昔からの常連さんしかいなくて、新規開拓も新商品開発も何もやらない会社だって実はあります。

そして部署によっては仕事が多すぎて毎日残業する部署と、仕事が少なすぎて毎日暇な部署の2つの部署があったりします。

「暇な部署は他の仕事を手伝ったりはしないの?」と言うかもしれませんが、部署と部署の仲が悪いと手伝いに行こうともしませんよ。

この様に暇すぎる部署の場合は、資格を取得したり副業するなどして自分の能力をあげた方が将来的に自分の収入を上げる事になるでしょう。

忙しいと副業も資格取得も出来ませんが、暇な場合隠れて資格の勉強をしたり、家に帰ってネットで副業をするなど収入を増やす手段は沢山あるので、やった方が良いでしょう。

転勤するのが辛い

会社から転勤の命令がきてそれが嫌と言う人もいます。

確かに転勤は嫌ですね。もともと人間は変化を嫌う生き物で、出来る事なら同じ事だけをしていたいと思うものです。だからクラス替えや席替え、引っ越しなど変化する事を嫌がる人が沢山います。

しかも日本人は変化する事が特に嫌いです。だから3年働けという言葉が今でもあったり、1つの道を究める事が美しいと感じる日本人が多いのです。

対策は?

転勤が辛いなら一度上司に相談した方が良いでしょう。「言っても無駄でしょう」と思っているかもしれませんが、とりあえず相談だけはした方が良いです。

言った場合も断らわれる事が多いですが、たまに「いやなのか?じゃあ転勤は他の人に任せるわ」と話が通じる上司だって存在します。

なのでどうしても嫌な場合は、一度言ってみた方が良いです。無駄だと分かっても言ってみましょう。

それで転勤する事になったら一度、転勤先で仕事をして無理そうなら辞める。続けれそうならそのままやる。

対策は沢山ありますよ。

仕事が出来なくて辛い

自分の仕事があまりにも出来なくて辛い事があります。

たとえば1年経っても仕事が全く覚えられない人もいますし、3年経っても仕事が出来ない人がいます。

色々対策をしているけど、何をしても上手くいかない事があってどうしようもなく自己嫌悪になる事が多いでしょう。

対策は?

これは仕事のミスが減るまで、色んな対策を試していくしかないでしょう。

仕事を何回も失敗する原因という記事にも色んな原因を書きましたが、実際何が原因か自分でも分からないから困っているはずです。

だったら手当たり次第に対策をするしかないでしょう。恐らく誰に聞いてもどれだけ調べても何も分からないと思います。

だって本人が原因を全く分かっていないから。

  • メモをとる
  • 頼まれた仕事を声に出して読む
  • やるべき事とやらない事を分ける
  • 時間を意識する
  • 焦らない
  • 仕事は70%程度でとにかく早くやる

などなど対策方法は色んな事を書いています。

色んな方法を試してそれでも仕事が出来ないなら、その仕事があっていない可能性が高いです。

なので色んな方法を試してみて、駄目なら転職する方が良いでしょう。

吐き気があって辛い

朝起きて会社に行こうとすると吐き気がする。

そして会社で仕事をしているといつの間にか治っている。そういう状態で辛いと言う人もいます。

対策は?

これは軽いうつ病になっている可能性があるので、少し休んだ方が良いでしょう。

うつ病と聞くと働けない程辛いとかそんなイメージがありますが、うつ病にも軽いものと思い物があります。

そして軽いうつ病の症状が朝に吐き気があり、昼頃には治っているという症状です。

もちろん私は医者ではないので、病院に行かないと真実は分かりませんが確実に精神的に壊れ始めている事だけは分かります。

なのでまずは1日ずる休みをして気分を落ち着けましょう。

休職をすると言う手もありますが、休職を言うのは怖いから嫌だと言う人がいます。だからずる休みをして落ち着いてみましょう。

ずる休みをしても、どれだけ休んでも体調が良くならないと言う場合は転職を考えた方が良いです。

本来なら吐き気がある時点で速攻で辞めるべきですが、そんな急に転職と言われても困りますよね?

転職しないと転職という言葉を忘れる

ここからはあなたに必要なマインドの話をしていきます。

まず大事なのは「転職」という言葉を絶対に忘れないで下さい。

いま「どういうこと?」と思われたので詳しく説明していきます。

日本では毎年自ら命を絶つ人が沢山います。学生や社会人、定年をした人まで自分から命を亡くす。それが日本の現状です。

そして社会人が自殺する理由が残業が多すぎたとか、上司にパワハラを受けたとかそういった精神的に辛くなって亡くなる人が多いです。

ああいった人たちによく言われるのが「転職すれば良かったじゃん」という言葉です。確かに会社が死ぬほど辛いならなんで辞めないの?と思いますが、あの人たちは「転職」と言う言葉が頭から消えてるせいで追い詰められています。

たいてい自殺する人は真面目で世間体を気にする人が多いです。だから

  • 3年は同じ会社で働け
  • 辞めると今の時代職がない
  • 仕事があるだけでありがたいと思え
  • この会社で辞めるならどこの会社も通じない

などなど、ネットの掲示板をみたり上司から色々言われた事を真に受けて「転職はしない方が良い」という結論にたどり着きます。

だから逃げ場を失ってそのまま自殺すると言う人達が沢山いるのです。

ちなみに私の経験談ですが、精神が限界までくると「会社 辛い」と検索するより「自殺 楽 やり方」と検索するのでもはや死ぬことしか考えれなくなります。

何が言いたいのか?まだあなたは転職する気がある人間なので、逃げられなくなる前に逃げた方が将来のためになるでしょう。

なので今転職という言葉が頭の中にある時に転職という選択肢を考えた方が良いでしょう。

ちなみに転職先なんていくらでもありますよ。これだけは絶対に言えます。転職が出来ないなんて言われていますが、いくらでも求人を募集してある会社は沢山あり、なんだったら今からでも転職しても良いでしょう。

耐性なんて個人差がある

よく「これくらいの残業は普通にできる」と言う人がいますがその言葉を信じてはいけません。

最初に言いましたが、残業耐性なんて個人差があります。

月に30時間の残業でも耐えられない人がいるのに、100時間なんて出来るはずがありません。

それに残業が当たり前になると、残業前提の働き方しか出来なくなります。

たとえば本当は夕方の5時には終われる仕事なのに、残業前提で働いているせいで夜の8時までその仕事がかかります。

この様に残業が当たり前になると確実に仕事が遅くなって、眠いせいで仕事のクオリティの下がっていきます。

なので残業が嫌ならその気持ちを忘れないで下さい。残業がない会社なんてこの世に沢山ありますから。

そのまま残業があるのが当たり前になると、将来年収が高い仕事も出来なくなりますし、あなたの仕事能力が格段に下がっていくでしょう。

仕事なんて山ほどある

「仕事があるだけありがたいと思え」と言いますが、実際はそんな事はありません。

仕事があるだけありがいと言いますが、実際今の日本は人手不足になっています。

特に介護職やIT企業、運送業なんかは圧倒的に人が足りない事で有名です。なので探せば仕事は沢山あります。

ぶっちゃけ今の日本だったらコンビニという24時間365日人手不足のお店があるので仕事がないなんて事は絶対にありません。

だから「仕事があるだけありがたいと思え」というのは基本的に無視して大丈夫です。

日本は働く事が出来れば生きていける

多くの20代は正社員で働く事を目指しているけど、働き方なんて無限にありますし正社員じゃなくても何も問題はありません。

日本は世界的にみても経済的に豊かです。不況と言われているけど、アフリカとかと比べると圧倒的にお金があり、資源があるとても恵まれている国なんです。

だからその日本で働く事が出来れば全然生きていけます。

極端な事をいうとフリーターの人でも日本で生きていくには十分すぎるお金を貰えるでしょう。

なので無理に正社員にこだわらないで下さい。正社員以外の道は沢山あります。

  • 派遣社員
  • 契約社員
  • フリーター
  • 起業家
  • 投資家
  • フリーランス(漫画家や小説家など自営業の人)

などなど正社員以外にも働き方というのはかなりあります。

なので普通だからと言う理由で正社員を選ぶのはもったいないですよ。

副業もしてみてはどうですか?

副業の話も最初の方に言いましたが、いまの会社以外にも収入源があった方が助かるでしょう。

副業といっても休日にバイトをするわけではありません。ネットで副業をすれば良いのです。

ネット副業は時給制ではないので、初心者がやると1万円を稼ぐことすら難しいです。

ですが慣れてくると月に100万円を稼ぐ人もいるので、コツコツと地道にやれば確実に稼げるようになるでしょう。

副業は

  • YouTube
  • アプリ開発
  • アフィリエイト
  • Webライター
  • 株式投資
  • FX

などなど代表的で簡単な物を紹介しましたがこれだけあります。

YouTubeは小学生の夢になるくらいなので、そうとう稼げるという事はかなりの人が知っています。

アフィリエイトというのは自分でブログを書いて、アクセスを集めて広告収入を貰うというもの。

Webライターは商品の簡単なレビューを書いたり、仕事の体験談を書いたり難しいものから簡単な物までのネット記事を書く副業です。

ちなみにクラウドワークスというサイトを使うと、Webライターの仕事を体験する事が出来ますよ。

株式投資やFXなんかは一番知名度がある副業とも言えるでしょう。いまではパソコンやスマホがあれば出来るので、かなり手軽に出来るようになっています。

副業をするとうまくいけば副業が本業の収入を越える事もありますし、「会社をクビになっても収入があるから安心できる」と言う事になって、もし会社が倒産してクビになっても落ち着いて転職活動が出来るでしょう。

ちなみに言うと、ネット副業は1年間は勉強しながら実践をしないと中々稼げるようになりません。

だから「時間があったら副業にチャレンジしよう」では少し遅いです。いまからやって1年間を頑張ると収入が安定するでしょう。

たった1年間コツコツと頑張れば良いのです。しかもあなたはまだ20代。それこそ時間がタップリとあります。

とりあえず先ほど紹介したクラウドワークスというサイトで、ネット副業がどんなものなのか?というのを体験してみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

転職サイトにとりあえず登録

転職しようとは言ってますが、まず転職サイトに登録をした方が良いでしょう。

転職はしたい人が多いですが、転職方法まで手が回らない人が沢山います。

そこで活躍するのがハローワークですが、正直ハローワークだけに頼るのはもったいないですし、不安でしかありません。

なので転職サイトも活用して、沢山の求人をみれるようにした方が良いでしょう。

しかも転職サイトはハローワークより給料の条件や残業の少なさなど良い求人が揃っている事が多いです。

初心者はとりあえず「リクナビNEXT」に登録するだけも良いです。ハローワークと転職サイト両方の求人をみて、ホワイト企業を見極めて転職した方が、失敗は少なくなります。

リクナビNEXTの登録は下のリンクからどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓

リクナビNEXT

転職エージェントに登録

次は転職エージェントに登録した方が良いでしょう。

転職エージェントもネットから登録して、求人をみるのは同じですが最大の違いは「あなたが内定を貰う為の支援をする事」が一番の魅力と言えます。

たとえばハローワークや転職サイトだとどうしても「1人」で全ての事をやらないといけないです。

求人を探して、会社に連絡をして履歴書を書いて職務経歴書を書いて企業研究をしてやっと面接に行けるわけです。

それを1人でやろうとすると大変です。だからこそ転職のプロがいる転職エージェントに相談した方があなたの為にもなるでしょう。

  • あなたに合っている求人の紹介
  • 会社の連絡、面接の日程調整
  • 面接の練習
  • 履歴書の訂正
  • 職務履歴書の訂正

などを全て手伝ってくれるのが最大の魅力でしょう。

ちなみに「DODA」という転職エージェントが日本でかなり大手で土曜日も営業しているので使いやすいですよ。

もっと色んな転職エージェントがみたいと言う人は下のリンクにおすすめの転職エージェントまとめを貼っておくのでぜひ参考にして下さい。

20代におすすめの使いやすい転職エージェントまとめ

DODAの公式サイトは下のリンクから行けます。

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

まとめ

ここまでかなり長い記事を読んでありがとうございます。

結局何が大事なのかよく分からなかったと思うので、大事な事をまとめると

  • 転職はサッサとした方が良い
  • 我慢すると転職という言葉が消える
  • ハローワーク、転職サイト、エージェントは全て使う
  • 特に転職エージェントはおすすめ

とりあえずこの4つだけは絶対に覚えて今回は帰って下さい。

転職サイトのリクナビNEXTは下に公式サイトを貼っておきますし

↓↓↓↓↓↓

リクナビNEXT

転職を全力でサポートしてくれるDODAも下にリンクを貼っておくので、会社が辛いと感じたらぜひ使ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする