働くのが怖いと思った時に必ずやりたい9つの対策

働くのが怖いと思った時に必ずやりたい9つの対策

働くのが怖い、人間関係が怖い、仕事でミスをするのが怖い。そう思っていませんか?

人は性格の問題や前の職場の影響で働くこと事態が怖いくなってしまう事があります。

恐らく、あなたも「働く 怖い」という単語で検索しているかもしれませんが、何かの理由があって働くのが怖くなっているという事ですね?

今回はそんな働くのが怖いと感じてしまう人のために、対処法や心の考え方を書いていきましょう。

バイトでも良いから慣れよう

まず、あなたは働く=正社員だと思っているかもしれませんがまずは正社員と言う考え方をなくした方が良いです。

確かに安定や社会的信頼というはなしだったら正社員の方が良いでしょう。正社員の方が家族や友人に誇りをもって仕事の話が出来ますし、とりあえず正社員という肩書を持っていれば日本では不便がありません。

しかしあなたは働く事を怖がっているはずです。それこそハローワークに行く事すら恐怖に感じてる。

そこまで働くのが怖いなら別に正社員じゃなくても良いでしょう。むしろバイトをして働く事に対する恐怖をなくする事が出来れば、それだけで大きな1歩になるでしょう。

正社員になりたいあなたには遠回りかもしれませんが、まずは恐怖をなくさないと何も始まりません。

大丈夫ですよ。バイトだったら最悪逃げても良いんです。あなたが働きやすい環境に行けるまで逃げてもバイトだったら何も職歴に残らないので、まずは1歩だけ動いてみましょう。

派遣社員でも良いと思おう

ですが、バイトは嫌だという風に考えているかもしれません。そう言う人は派遣社員からチャレンジしてみたらどうですか?

派遣社員だったら一応フリーターではありませんし、職歴の乱にも空欄を書かなくてもすみます。

もしあなたが、職歴の空白時間がきになるというなら派遣社員でも何も問題ないでしょう。

派遣社員だったら正社員より、責任はないですし派遣会社にいえば定時で帰れる仕事だって山ほどあるでしょう。

派遣切りでいきなりクビになる心配もありますが、その場合は派遣会社にいってまた新しい仕事を紹介して貰えば良いだけです。

まずは派遣社員で簡単な仕事、たとえば製造業なんかは基本的に単純作業が多いのでやりやすい仕事になりますよ。

正社員は無理してならない方が良い

先ほどもチラッと言いましたが、無理やり正社員で働くこともないでしょう。

働くのが怖いと思うのは正社員としての責任の重さも原因の1つになります。

確かに正社員にも魅力は沢山ありますが、あなたが怖いと感じるなら派遣社員でもバイトでも良いじゃないですか。

ここで無理をして正社員になったとしても、あなたは新しいトラウマを抱えて仕事を辞める可能性があるでしょう。

日本は不況と言われていますけど、世界的にみると経済的に豊かな国ですよ。それこそコンビニでバイトをすれば最低限の生活は出来ますし、出勤日数を増やせば贅沢する事も可能です。

なので世間の目を気にするくらいなら、無理やり正社員になる必要は全くないでしょう。

自分を責めるのはやめよう

働くの怖いと思う人はとにかく自分を責める事があります。

「私は1年で会社を辞めた…ダメな人だ」とこんな感じに仕事を辞めた事に対して自分を責めて、落ち込む。これが1つの特徴と言えるでしょう。

しかし、自分を責めた所で何かが変わるわけではありません。むしろ責めたせいで更に落ち込み、自己嫌悪が目立ち余計に働くのが怖くなってしまうでしょう。

なのでちょっとでも良いです「どうせ自分なんか」という言葉を「どうせ自分は出来る」と言う言葉に変えてみましょう。

「そんな事で効果があるの?」と思いますが、一度やってみて下さい。それも1日ではなく1か月ほど。流石に言葉を変えたくらいじゃ1日ていどでは何も起こりません。

しかし1か月も続ける事が出来たらあなたはちょっとずつ変わっていくでしょう。恐らくすぐに効果がある方法を求めてきたと思いますが、そこまで劇的に変わる場合はほとんどありません。

ですがコツコツとトレーニングを続ける事によってあなたは変わる事が出来るでしょう。

自分を褒めてみよう

先ほどの応用ですが、自分を責めるばかりではなく、自分を褒める事も大事です。

たとえば仕事で失敗をしなかった時に「俺は今日1回も失敗をしなかった」と褒めてみましょう。

またこれもバカバカしいと思ったかもしれません。しかしとりあえずやってみる事が一番良いです。

だめだったらまた次の方法を試してみれば良いので、とりあえずこれも1か月間続けて観る事が大事でしょう。

結局人によってどんな方法で、メンタルが強くなるのか分かりません。

心療内科に行って強くなる人もいれば、食事を変えたら強くなる人もいます。自分を褒め続けて強くなる人もいるので、とりあえず試すことが一番大事です。

くだらない成功で喜んでみよう

これも先ほども同じで、自分を褒める事でネガティブ思考を少しずつなくしていき、働く事に対する恐怖をなくすという戦法です。

たとえば「今日は1分早く仕事が終わったぞ」こんな成功で良いんです。

たった1分だけですが、早く仕事が終わった事には変わりないので、これも言ってしまえばくだらない成功とも言えるでしょう。

ですが、それで良いです。とりあえずあなたの中にあるネガティブな思考を少しずつなくすのが目的なので、そういった事で喜んでみましょう。

もちろん仕事じゃなくても良いです。

掃除が綺麗に出来たなど日常のある小さな成功でも良いです。

成功体験を覚えておくことで、「俺は前に色んな成功をしたから今回も大丈夫」と思えるようにもなっていきます。

つまり小さな成功が自信に繋がるので、働くのが怖いをなくすことが出来るでしょう。

何でもいいから働ければそれで良いです

普通の人生を求めないで

働くのが怖いと感じている人は、とにかく普通の人生を求めています。

たとえば日本でいう普通の人生とは

正社員になって

30歳くらいで結婚して

定年まで同じ会社で働いて

退職金を貰って老後を平和に暮らす

恐らくこんな感じの人生を求めているでしょうけど、こんな人生を送っている人はほとんどいません。

そもそも正社員になって途中で予想外の出来事が起きる場合があります。たとえばあなたのように働くのが怖くなって、正社員で働けなくなる人。そもそも結婚をしない人。退職金が貰えなくて定年になったらバイトをする人。

肉体的、精神的に辛いことがあって予想外のことなんていくらでも起きます。だから日本のよく言う普通の人生は99%の人が送れないと思って良いでしょう。

なので、普通の人生を無理やりおくろうとするのはやめて下さい。

普通を追い求めると胸が苦しくなってしょうがないですから。

不安を紙に書いてみよう

もし働く事が怖いと感じるなら、いま不安に思っている事を紙に書いてみましょう。

紙に書く理由としては、あなたが今思っていることを分かりやすくする為です。

恐らくあなたは上司が怖いとかミスが怖いという風に思っていますが、結局何に対して一番怖がっているのがよく分からない状態になっているでしょう。

上司が怖い方が強いのか仕事でミスをする方が怖いのか?どちらが怖いなんて頭の中で思っているだけでは分かりづらい特徴があります。

なのでまずは紙に書いてあなたの頭を整理する。

いま仕事で怖いと思っている事を些細な事でも良いから書いてみましょう。

先ほど言った上司が怖いもそうですが

  • パソコン作業が怖い
  • 上司の顔が怖い
  • 職場の雰囲気が怖い
  • ○○さんの声が怖い
  • クビになるか不安で怖い

など本当に些細な事で良いです。とにかく紙に書く、まずはやってみて下さい。

そして紙に怖い事を書ききったら、3日程置いておきます。置いたあと書いた紙をみて客観的にみてみましょう。

そうするとあなたの中でどれが一番恐怖があるか分かるようになります。

そして一番恐怖がある事に対して対策をしていきます。

たとえば上司が怖いと感じるなら、部署移動をするか転職をする。

仕事でミスをするのが怖いなら、これも仕事が合っていない可能性があるので部署移動をするか転職をする。またはミスを減らすための対策を1つずつやっていく。

こうやって一番不安に思っている事を一番最初に対策をすると、多少は恐怖がなくなっていきます。

在宅ワークをしてみる

もしあなたが仕事で恐怖を感じてるなら、在宅ワークをするのが良いかもしれません。

在宅ワークは基本的に家で仕事をするので、人との関りが少ないです。

ただ、在宅ワークをするなら最低限パソコンスキルが必要ですし、メールの返信をこまめにみる事も重要になります。

このように人間関係の悩みをなくせる変わりに、多少なりとも自分の仕事スキルを高くする必要があるでしょう。

しかし、これも慣れてしまえばイイのです。確かに在宅ワークは普通に働くより難しい所が多いです。

だけど、人間は1年もすれば大抵の事は慣れてしまうので、1年間しっかりと勉強しながら仕事をすることで、人間関係の悩みをなくせるでしょう。

ちなみに「クラウドワークス」というサイトを使うと簡単な作業でお金を貰う事が出来ます。

たとえばアプリのレビューや仕事の体験など誰でも書ける内容で、お金を貰う事も可能です。

まずはクラウドワークスで色んな仕事を体験をして、自分で在宅ワークが可能か考える。

そして出来ると思ったら今度は、月に10万円以上貰えるように専門的な知識を身につけるのが一番良いでしょう。

個人的におすすめなのが、ライターといって記事を書く仕事ですね。ライターなら他の仕事と比べて素人が入りやすいです。

他の仕事といったらプログラマーやイラストレイターなど明らかに専門知識が必要になるので、難しいです。出来ない事はないですが3年以上は勉強しないと中々安定しないでしょう。

クラウドワークスは下のリンクから公式サイトに行けるので、無料会員登録してぜひ試してみて下さい

↓↓↓↓↓

在宅ワークならクラウドワークス

本当に危なくなったら人間は動ける

ちなみに言うと人間は本当に危なくなったら、何かしらの行動は絶対にします。

たとえば29歳になって、転職回数が9回もある人だと「30歳になったら転職は無理だ。だから次の会社は絶対に辞めない様に気合を入れよう」となり今まで転職を繰り返したのが嘘のように仕事が長続きます。

別に30歳になっても正社員で働く事は出来ますが、やっぱり30歳になったら転職が難しいと思っている人が多い例です。

この様に人間は本当にピンチになったら、動く事は可能です。嫌な例を言うと親が歳をとって働けなくなった場合に今までニートだった人が正社員になる事だってあります。

今は働くのが怖いとなって、働けないかもしれませんが月日が経てば何かが起きます。

それが29歳の時に起こるかもしれません。もしかしたら35歳の時にヤバいとなって動くかもしれません。

人によって差がありますが、あなたも時がくれば確実に動ける様になるでしょう。

動かなくてもいい

だから今は無理に動かなくても何も問題ありません。

働けなくて嫌だと思っているけど、無理に動いてうつ病になったら更に長いあいだ動けなくなります。

なので働くのが怖いと感じるなら、いまはゆっくりしていましょう。

それでも正社員になりたいなら

だけど、それでも正社員になりたいと言う人は沢山います。

恐らくこのページを見た人は真面目で本当は普通に働きたいと思っている人なので、特に正社員になりたいと感じているでしょう。

その場合はとりあえずネットの転職サイトやエージェントサービスを使用する事をおすすめします。

たとえばリクナビNEXTというサイトがありますが、これはハローワークと違って定時で帰れるホワイト企業が多いですし、未経験歓迎の求人も数多くあります。

リクナビNEXTは転職サイトの中でもかなりの大手なので、求人数も多く転職サイトをあまり使った事ない初心者でも安心出来ます。

下のリンクから公式サイトに行くのでぜひ使ってください

↓↓↓↓↓↓

こちらから無料登録をしてぜひ求人をみてみましょう!

もう1つは転職エージェントサービスを使う事です。転職エージェントとは簡単に言うとあなたの内定が決まるまで徹底的にサポートしてくれるサービスです。

たとえばハローワークなどは求人を見つけたあと職員の人が面接の調整をしてくれますが、ハローワークではそこまでしかしません。

ですが転職エージェントでは

  • 就活のプロがあなたに合っている求人の紹介
  • 面接の練習
  • 履歴書の訂正
  • 職務履歴書の訂正

などなど、転職に必要な全てのことをやってくれるサービスです。ハローワークでは絶対にやらない面接の練習や履歴書の訂正など徹底的にサポートしてくれる凄いサービスです。

ちなみに今現在働いているという人は、DODAというエージェントがおすすめです。理由としては大手のエージェントなので幅広い求人と幅広い職種があり、まだ自分がどんな仕事が合っているか分からないと言う人に沢山の選択肢があるからです。

それに土曜日も営業しているので、働きながら転職したい人に使いやすいですよ。

もう1つは今現在働いていない人はDYM就職というエージェントがおすすめです。

DYM就職はフリーターやニートになっている20代向けのエージェントです。

働くブランクが長いと転職に不利と言う事がありますが、もともとフリーターとニート向けなので企業側は全く気にしません。

しかも学歴や職歴なども企業側はほぼ見ないので、たとえ東大卒業の人と偏差値が下の方の高校出身の人でも同じ立場になれます。

なので仕事のブランクが長い人はDYM就職を使った方が良いでしょう。

下のリンクからDYM就職の公式サイトにいけます。

↓↓↓↓

フリーターまたはニートの場合はDYM就職へ!

そして現在働いている場合は、DODAエージェントに相談だけでもした方が良いですよ。結局動かないと現在の怖い職場のまま嫌々働く事になるので。

↓↓↓↓↓↓

転職ならDODAエージェントサービス

まとめ

たとえ働くのが怖くても、色々な方法があります。在宅で働いたりバイトで働いたり派遣で働いたりなど、日本は意外と仕事の恵まれた国でしょう。

ですが、無理をしてはいけませんよ、無理をしてうつ病になるのが一番怖い事ですから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする