人間関係

仕事に行きたくない7つの原因と明日から簡単に使える9つの対処法

 

朝起きると「仕事行きたくない…休みたい…でも会社には行かないと」ととんでもなくダルイ気分になる事ってありますよね?

 

それどころか「はー…会社を辞めたい」とも思っているはずです。

 

今回は仕事が行きたくないと感じる時の原因と、その対処法を書いていきます。

 

原因は?

 

まずはなぜ仕事を行きたくないのか?その理由を書いていきましょう。

 

人間関係

 

恐らくほとんどの人が人間関係の悩みを抱えているでしょう。

 

なぜなら毎年ネットのアンケートやテレビの報道でみると仕事を辞める理由ランキングに毎回1位になるのが人間関係の悩みだからです。

 

日本中のほとんどの人が人間関係で悩んでいると言ってもおかしくはないでしょう。

 

そして20代男性の場合は上司が嫌だと言う人が多いです。

 

それはそうですよね。20代の時はほとんどの場合年上の人しかいない。そして上司しかいない事になるのでハズレの上司に当たったら最悪の結果になるでしょう。

 

  • 理不尽に怒る上司
  • 何でもかんでも怒鳴る上司
  • 嫌味を言う上司
  • 「これだからゆとりは」と言う上司
  • 殴ってくる上司

 

など色んな嫌な上司のせいで、人は出社拒否をします。

 

 

残業が嫌だ

 

次に多いのは残業が多すぎて嫌だと言う事です。

 

 

よくあるのが終電ギリギリ、つまり夜の11時以上仕事をやっていると辞めたくもなるでしょう。

 

なぜなら仕事から帰ったら風呂に入って、ご飯を食べて寝る。平日は毎日それですし土曜出勤もあって休みは日曜日だけ。

 

そして日曜日は疲れているので何もやる気が出ないでただ寝てるだけ。

 

もちろん年末年始もお盆休みもありません。そんな毎日を繰り返しているとそれは辞めたくもなるでしょう。

 

そもそもいまの20代は「残業をしたくない」人が増えています。ブラック企業問題も騒がれていてプライベートを優先したい人が増えているので残業なんてしたくないでしょう。

 

 

給料が嫌だ

 

給料が安すぎても人は嫌になります。20代は給料よりプライベートを優先するイメージが世間では強いですがとんでもないです。

 

プライベートを優先するからこそお金がいくらあっても足りないでしょう。

 

残業をしても給料が出ないとか、給料が手取り15万円しか貰えないとなったらその仕事なんて辞めたくもなります。

 

そもそも残業しても給料が出ないのは20代じゃなくても辞めたくなるでしょう。

 

そして給料の割には重労働だとそれでも「こんな安い給料なら行きたくない」と感じる事があります。

 

仕事内容が嫌だ

 

思っていた仕事と違ったとか、希望した部署と違うとなっても仕事に行きたくないです。

 

たとえば事務職を希望したのに営業に回されたりすると人はやる気を失います。

 

そもそも人は強制してやらされるとモチベーションがなくなる生き物なので、自分が希望していない事をやると「仕事に行きたくない」と思ってしまうでしょう。

 

 

仕事が出来なくて嫌だ

 

仕事があまりにもできないと会社に行く気がなくなります。

 

そもそもこのページを見に来る人は真面目な人が多いでしょう。

 

それこそ小さいミスで落ちこんでしまう様な繊細な心を持っているので、たとえ初心者でも仕事が出来ない自分を責めてしまいます。

 

入社して1か月経って思った以上に自分の仕事が出来ないと会社に行く気がなくなっていくでしょう。

 

何となく嫌だ

 

なんとなく、分からないけど行きたくないと言う人もいます。

 

なんとなくで行きたくないと言うと「甘えだろ!!」と怒られる場合があるので誰にも相談しない人が沢山います。

 

しかしなんとなくで行きたくないと言う人が実は一番、会社を辞める確率が高く「なんであいつは辞めたんだ?」と思われる事が多いのが特徴です。

 

ちなみに20代なら意外と多い理由ですよ。なぜ多いのかは後で説明するのでとりあえずこのまま読んでください。

 

 

違う仕事をしたい

 

辞める理由でポジティブなのが違う仕事をしたいと思います。

 

今の時代は1つの会社で働くより沢山の会社で経験を積むのが当たり前になっています。

 

それこそ1年未満で会社を辞める人が沢山いるので、これも時代の流れでしょう。

 

違う仕事をしたいと思っても「3年は続けろ」という会社や家族、上司の言葉があるので簡単に辞める事が出来ずに「会社に行きたくない」と感じる所もあるでしょう。

 

 

対処法は?

 

では行きたくないと思った時の対象法はどうすれば良いのか?を書いていきます。

 

ずる休みをしよう

 

まず休みましょう。会社に行きたくないと感じているならそれは疲れている証拠です。

 

そもそもあなたは真面目です。会社を一日も休まない。下手をすると風邪でも会社にくるくらい真面目な男性です。

 

確かに真面目なのは良い事ですが、真面目すぎると確実に疲れてしまいます。

 

たとえるなら1キロのマラソンをしているのに、100m走をやるように全力疾走するのと同じくらいです。

 

あなたはまだ20代で人生はまだまだ長いでしょう。それなのに今から全力疾走をすると疲れ果てて倒れてしまいますよ。

 

そうならないようにずる休みをして、少しでもいいので気力を回復させることが重要になります。

 

ちなみにずる休みをする時は3連休がとれる月曜日か金曜日にするとお得ですよ!

 

 

仕事中にサボろう

 

ずる休みは会社そのものを休みますが、次は仕事をしている最中にサボってしまいましょう。

 

たとえばトイレの個室にちょくちょくいってスマホで遊ぶとか、周りの人がいない状況でパソコンでニュースをみるとか少しだけサボってしまいましょう。

 

確かに最初は仕事中に遊ぶのは怖いかもしれませんが、これも仕事を長く続けるためです。

 

先ほども言いましたがあなたはマラソンなのに全力で走っているので確実に体力がなくなるでしょう。

 

それを防ぐために今を全力でサボることは本当に大切な事な休憩なんです!

 

 

部署移動をしよう

 

会社に行きたくないと感じているなら、いまの仕事が合わない可能性があります。

 

人間関係や残業などが大きな原因ですが、その場合は部署移動するのも1つの手です。

 

部署移動して何か変わるの?とおもってかもしれませんが、これがかなり変わってきますよ。

 

まず当たり前ですが、人間関係が全て変わります。あなたの嫌いな上司もいなくなりますしなんとなく気まずいと感じている上司もいなくなるので、かなりやりやすくなるでしょう。

 

そして残業時間もかなり変わってきます。部署によっては終電ギリギリまで仕事をするところと定時前に仕事が全部終わって暇になる部署があります。

 

1つの会社でここまで働く時間が違うので、部署移動をすると天国と地獄のような違いが味わえます。

 

なので、会社に行きたくないなと感じている場合は部署移動も考えてみましょう。

 

まあ、部署移動をしたくない気持ちもわかりますよ。というかそもそも部署移動したいというのを上司に伝えるのがまずきついですよね?

 

ですが、あなたはこのまま「仕事行きたくない」という感情で仕事をしていても辛いだけですよ?

 

 

転職しよう

 

とは言っても部署移動が出来ないくらい人数が少ない会社もあります。

 

そんな人はさっさと転職した方が将来の為になります。

 

会社に行きたくないと感じているなら、もうその会社で働くのが無理だと感じ始めています。

 

あなたは仕事に対するモチベーションがかなり下がっているので、ここから回復させる事は難しいでしょう。

 

周りの人が助けてくれたり、励ましてくれるならまだ話は別ですがあなたはそういった悩みを相談しないタイプの人間のはずです。

 

相談してたらそもそもネットで検索しないでしょうし。

 

ちなみに転職をしたいと考えているなら転職サイトを使う事をおススメします。

 

あなたはハローワークくらいしか転職方法を知らないかもしれませんが、いまの時代は転職サイトを使った方が良い求人に出会えます。

 

確かにハローワークでも良い求人に出会う事はあります。しかしそう言った求人は絶対に人気が高く、求人の奪い合いになる事は間違いないです。

 

私が昔ハローワークで良さそうな求人に応募したら、職員の人に「この求人今月で8人目ですよ」と笑われてしまいました。

 

この様にハローワークでは良い求人は奪いあいになるので、戦わないといけません。

 

しかし転職サイトではもともと良い求人が沢山ある。そして求人数が元々多いため奪い合いになる確率は少ないでしょう。

 

ちなみに初心者の人は「リクナビNEKT」というサイトが一番おすすめで幅広い求人もあり使いやすいため、「転職サイトってよく分からない」と言う人におすすめできます。

 

  • ハローワークしかしらない
  • 転職サイトってよく分からない
  • 転職経験が1回未満の人
  • ブラック企業は嫌だと言う人

 

そんな人におススメが出来ます。もちろん無料で使えるので転職を考えている人はぜひ使ってみて下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓

グッドポイント

 

転職エージェントも使おう

 

転職サイトも良いですが、転職エージェントも同時に使った方が良いですね。

 

転職エージェントとは簡単にいうと、あなたが内定を貰えるまで全力で支援してくれるサービスです。

 

内容としてはキャリアカウンセラーと言う転職のプロの人があなたと1体1で話し合って今後の進路を決めていく。

 

話し合った結果出したおススメの求人に応募して書類審査や面接をすると言う内容です。ちなみにサポートの内容としては

 

  • 非公開求人の紹介
  • 面接の指導
  • 履歴書の訂正
  • 職務履歴書の訂正

 

などがあり、転職に必要なことはだいたいサポートして貰えます。

 

あなたは転職する時は1人でするものだと思っていますが、最近ではこういった転職をサポートしてくれるサービスも沢山あります。転職エージェントもその1つです。

 

確かに会話が苦手なあなたは1対1で話すのは怖いと思っていますが、ハローワークや転職サイトを使うより内定を貰う確率は2倍以上高くなるでしょう。

 

相性が悪いカウンセラーの人に出会ったらやりにくいですが、それも変えて貰う事が出来るので問題ないです。

 

  • 面接のやり方を忘れた
  • 履歴書の効果的な書き方を知りたい
  • 俺に合っている求人の紹介をして欲しい
  • 1人で転職するのは不安

 

と言う人はぜひ転職エージェントを使ってみて下さい。

 

ちなみに「DODA」というのが転職エージェントの中でかなり有名な所で、全国の求人もありますし、平日と土曜日も営業しているので使いやすいですよ。

転職ならDODAエージェントサービス

 

副業を始める

 

仕事に行きたくない人はぜひ副業を始めてみましょう。

 

副業といっても休日に短期のバイトを入れるのではなく、ネットで副業をする事です。

 

最近ではネットでお金を稼ぐというのは当たり前になりつつあり、家から出ないで仕事をする在宅ワークをする人も沢山出ています。

 

ネットで副業をする方法は主に

 

  • YouTube
  • アンケート
  • ポイントサイト
  • Webライター
  • 転売

 

の4つが簡単にすることが出来るでしょう。

 

とは言ってもこの4つを使っての副業はぶっちゃけ1日バイトした方が儲かります。それこそ時給換算で400円のものです。

 

ではなぜ進めるのか?それは「会社員以外でも稼ぐことは可能」と言う事を頭に入れて欲しかったからです。

 

20代の時はお金を稼ぐには、会社に雇われて働くことしか知らないでしょう。

 

それだけでも十分暮らす事は可能ですが、そう言う人は「会社を辞めたら人生終わり」と思ってしまう事が多いです。

 

追い詰められると視野が狭くなってブラック企業でも働くと言う人が世の中には多いため、ネットで副業をする。

 

そしてネットで副業をすると「会社を辞めても多少は稼ぐ能力がある」と自分に自信をつける事が出来ます。

 

とりあえず「クラウドワークス」というサイトがアンケートや掲示板の書き込みなど簡単な事でお金を稼ぐことが出来るので、ネット副業初心者の人はぜひ使ってみて下さい。

 

無料登録をすればすぐに使えますよ!

↓↓↓↓↓↓

クラウドワークス

 

20代はなんとなくはあるある

 

先ほど仕事に行きたくない理由に「なんとなく行きたくない」と言う事を書きましたが、20代の時はしょうがないと思ってください。

 

そもそも20代の人は新卒でいきなり社会人になる人が多いですが、ほとんどの人は「なんとなくで応募した会社」で正社員になる事が多いでしょう。

 

それこそ学校の推薦で会社に応募して内定を貰うと言う人も珍しくありません。

 

ほとんどの人は「やりたい事」より「なんとなく」で仕事を選んでいるせいで突然仕事に行きたくなくなる事だってあるんです。

 

もちろんなんとなくで仕事を選んでいる人を否定はしません。私だって新卒の時に「学校が進めてくれた会社」だからと言う理由で自動車部品の工場で面接に行って内定を貰いましたから。

 

だからなんとなくと言うのは、当たり前だと思ってください。あと仕事を選ぶとき「やりたいことを仕事にしろ」と言う人がいますが、それも自然と見つかると思ってください。

 

年齢を重ねていくうちに「この仕事がやりたい」と思うか「まあ、お金を稼がないとご飯が食べれないから仕方ない」の2択になるので今はまだなんとなくで行きたくないという気持ちはそのままで良いでしょう。

 

 

規則正しい生活をしよう

 

仕事に行きたくないと言う人は、不規則な生活をしている人が多いです。

 

とくに20代はまだ深夜まで起きて、お菓子もよく食べ栄養が偏っている人がかなりいます。

 

それこそご飯を食べるのすら面倒だと思って3食ジャンクフードを食べる人だっています。

 

不規則な生活というのは意外と精神にも影響が出ます。

 

毎日深夜まで起きて朝ご飯は食べない。そして昼はカップラーメン夜はハンバーガーみたいな生活を送れば誰だって体調が悪くなります。

 

体調が悪くなる→精神的に辛くなる→なんか分からないけど会社に行きたくない。こんな感じのパターンが生まれるでしょう。

 

「規則正しい生活になるだけで体調はよくなるの?」と思った人は一度やってみて下さい。

 

夜は11時までに寝る。朝ご飯はパンでも良いので軽い物を食べてみる。昼ご飯は弁当を作ってみる。夜ご飯も野菜がしっかり入った物を食べる。

 

小学生のころの規則正しい生活を送ればあなたの体調は3か月もすればグーンと良くなるでしょう。

 

 

朝に散歩をしてみよう

 

仕事に行きたくないと言う人は、確実に精神が疲れてきてます。

 

そういう時は朝日を浴びると多少なりとも体調は良くなりますよ。

 

朝日を浴びると人間の中でスイッチが入って「さあこれから動くぞ!」と肉体が活発に動きます。

 

そうすると眠気も覚めますし、ご飯も美味しく食べる事も出来るでしょう。

 

なので朝にいつもより30分でいいので早く起きて10分間散歩をしてみましょう。

 

これも規則正しい生活を送るための方法なので、あきらかに不規則な生活をしている人はぜひ試してみて下さい。

 

狂ったようにハマれる趣味をみつけよう

 

これは心の支えになる為に必要な物です。

 

あなたに足りないのは休日に「これがあるから生きている」と言う趣味を見つける事です。

 

結局仕事を続ける為には

 

  • 家族を持つ
  • 仕事を心の底から好きになる
  • 休日の楽しみをもつ

 

の3つが特に大切です。結局人間は自分が本当に好きになる事をやるか、働かないといけない理由を作らないと仕事は長く続かないでしょう。

 

20代の人で結婚している人は少ないため、家族を養うために働くはまず使えません。

 

だったら次は仕事を心の底から好きになるですが、先ほど言ったように20代の時は何となくで仕事を選んでいるため好きになれないでしょう。

 

だったら自分が大好きな趣味を持つことが一番簡単です。

 

この趣味ですが、出来るなら「自分の給料を全部つぎ込んでいい」と思えるようなものが良いです。

 

上に書いてある様に狂ったようにハマれる趣味ですから、それくらいの趣味は必要です。

 

ちなみに私の友人にアイドルオタクの人がいて、休日は毎日マイナーなアイドルのライブに行っている人がいます。

 

その人は給料の全てをアイドルにつぎ込んでいて当然貯金はありません。ですが友人が言うには「俺はアイドルがなかったらとっくに自殺していた」という事まで言っていました。

 

この様に趣味が1つあるかないかで嫌な仕事でも出来てしまいます。

 

どんなに嫌でも「休日の趣味が楽しみだから生きている」これも立派な働く理由です。

 

なのであなたも今の趣味より新しい趣味を見つけて、ハマれる趣味を探してみましょう。そうすると驚く程仕事が楽しくなっていきますよ。

 

おまけの説明

 

ではここからはおまけ的な説明で、どちらかと言うと仕事の心構えや大事な事を伝えていきます。

 

体調不良があるならアウト

 

まず言いますが、体調不良があるんだったらもうその会社とは離れた方が良いでしょう。

 

体調不良というのは朝会社に行こうとすると吐き気があるとか、苦手な上司の近くにいると汗が出てくるとかそういった体調不良です。

 

まず朝に吐き気がある時点でそれはもう「軽いうつ病」なっている可能性が高いです。

 

うつ病は大げさでしょう?と思っていますがこれは事実です。

 

吐き気がある時点で本来は仕事を辞めた方が良いです。このまま放っておくと本格的にうつ病になってしまいますよ。

 

人はきっかけがあると簡単に動ける

 

ちなみに、この記事では転職しようと強く勧めますが「そんなに転職したら辞め癖がついてしまうのでは?」と思ったでしょう。

 

たしかに辞め癖はつく場合もあります。1年で4回も転職する人も世の中にはいるので辞め癖がつく事も多少はあります、

 

ですが、辞め癖がついてもきっかけがあれば人間は簡単に変われます。

 

たとえば29歳で転職回数が8回もあると「俺はこのままだと転職が出来なくなるかも」と思って次の会社では長く働くことが出来るでしょう。

 

そして1度働きすぎて病気になった人だって「会社を辞めて次は残業がない所に行こう」と変わる事が出来ます。

 

この様に人間はきっかけがあるだけで、簡単に変わる事は可能です。あなたもいつかは分かりませんが、きっかけはきます。

 

それこそ30歳になった時にヤバいと思うかもしれませんし、働きすぎてうつ病になるかもしれません。

 

ですがいま辞め癖がついても人間は簡単に変われる事を知って下さい。だから転職をしても良いんです。逃げても問題ないでしょう。

 

 

残業はないという心構えが大事

 

ちなみに若い時は残業をしないという心構えが大事です。

 

恐らく会社に行きたくないと言う理由に、「残業が多すぎる」と言う事があるでしょう。

 

月に100時間も残業をしていると流石に疲れてきます。しかし上司は「残業なんてあるのが普通」という考えを持っているでしょう。

 

ですが、上司に何と言われても残業をしないのが普通と思ってた方が良いです。

 

残業をするようになると確実に仕事が遅くなります。それは「残業があるから午前は力を落とそう」と無意識に思ってしまうからでしょう。

 

この様に残業ありきで仕事をしていると仕事の効率が確実に悪くなることは確定です。

 

それに「残業代で稼がないと」と言う人もいますが、残業代で稼ぐくらいなら投資の勉強やお金の勉強をして会社以外でお金を増やす事を考えた方が、確実に儲かります。

 

なのでいまの「残業したくない」と言う気持ちを絶対に大事にして下さい。

 

残業をしないで定時で帰った時間を勉強に使えば、将来あなたは年収1000万円を貰える可能性だってありますから。

 

災害が起きて欲しいと思ってませんか?

 

これは予測ですが、あなたは「大地震がきて消えたいな」と思ってませんか?

 

毎日毎日つまらない仕事をやってるせいで、あなたは段々と疲れています。

 

そのせいで災害がきて自分がいなくなりたいと思っているでしょう。

 

そう考えているならもう精神的に限界なので休みましょう?

 

転職は無理でもずる休みをやっちゃいましょう?

 

交通事故にあいたいと思ってませんか?

 

そして災害が起きないかな?と思っている時は「交通事故に合わないかな?」と思っている事でしょう。

 

そういう考えを否定する気はないですが、それもかなり精神が疲れています。

 

自殺するつもりはないけど早死にしたいと20代の人が考えている時点でかなり疲れている証拠ですよ。

 

あなたは気づいてないかもしれません。ですがメンタルがもろくなっている事は確実なのでちょっとだけ仕事を休んでみませんか?

 

 

まとめ

 

仕事が行きたくないと言うのは恐らく人類共通の悩みでしょう。

 

いろんな解決方法を紹介しましたが、とにかく休みましょう。

 

そして休んでもダメ場合は転職をしましょう。

 

転職は怖いかもしれませんが、1歩外に出ると「俺ってこんなに狭い世界で生きてたんだ」と痛感する様になります。

 

大丈夫です。休む事も辞める事も悪い事ではありません。